読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生々流転

日々の生活

国語の教科書に載っていた話をひたすら思い出す

雑記

このテーマは長くなりそうだから、何回に分けて書くことを検討している。

 

この記事を書こうと思ったのは大学生協の本棚でヘルマンヘッセ作『少年の日の思い出』を目にかけ、懐かしさのあまり即買いした日がきっかけである。

 

思えば中学、高校の国語の教科書は個人的に好きであった。まだ義務教育だった頃、公立だったので学期始まりの朝の会などにみんなが教室に集まって、クラスの男子が教科書が詰まれた段ボールを運び入れる様、ずっしりとした教科書が一冊ずつ前から回ってきて、その上に油性ペンで名前を書き込むドキドキ感、ロボットのような担任が大声で冊数を確認する声、教室内の喧騒、すべては高校と大学では体験できない趣だった。そんな大事な記憶をも自分はとっくに前に忘れていた。

 

教科書が机の上に積まれてひと段落落ち着いたら、自分は必ず真っ先に国語の教科書を読むのだった。一旦読み始めたら止まらない。それだけはおそらく高校までずっと変わらなかったろう。国語はそれほど好きではないし寧ろ試験の類は苦手だったが、中学の国語の表紙は秀逸だった。

 

知る人ぞ知る、井上直久さんの「イバラードの世界」。こんなコラムも載っていたなんて覚えてませんね…しかし制作過程の写真は衝撃的だったのではっきり覚えてますよ。馴染みのあるものでは『耳をすませば』で雫の小説に現れる背景がそれです。いいですねえ、とても。

 

閑話休題。寧ろ載っていた作品はどれも印象に残りすぎて書ききれないくらいだが、とりあえずクジャクヤママユガの話をしよう。

 

『少年の日の思い出』はヘルマンヘッセの随筆で、改めて読んでみると意外と短かった。なんといっても主人公の罪の意識や、友人への妬み、スリル満載の盗む過程、生々しい心情と動作の描写が思春期の中学生の心にかなり響きます。『それらを指で粉みじんに押しつぶしてしまった。』という結末のインパクトが物語全体の闇を深くさせ、自分が大事に大事にしていたものを、自分の指で一つずつ、粉々に押しつぶす主人公の心の痛みを想像せずにいられない。そして自分も痛い。なんて悲しい思い出だ。皆が皆虫取りに夢中だったわけではないが、中学生なら似たような傷心な経験は一度や二度したことがあるはずである。丁度クラスにエミルという陽気でノリがいい女の子がいたから、クラス内のエーミールブームは一か月しても収まらなかった。

 

訳者の岡田朝雄さんはこれもまた面白い方で、ドイツ文学者で元日本昆虫協会副会長である。あとがきを読むまで知らなかったが、『少年の日の思い出』はドイツ本国ではあまり知られてないらしい。ヘッセの作品集にも全集にも収録されておらず、文献にはタイトルすら出てこない。新聞や雑誌に『蝶と蛾』『小さな蛾の話』として発表されたこともあるようだが、それっきりである。二十年後にドイツ文学者高橋健二教授がヘッセを訪問され、別れ際に渡された新聞の切り抜きにあったのが後の国語の教科書に載る『少年の日の思い出』となった話である。

 

蝶や蛾の話をしたらきりがないが、今回のオチとしては私はこのヘルマンヘッセの随筆集と一緒に一週間香港・マカオ旅行へ出かける事になった。暇つぶしに何かを持っていこうと積み本を漁っていたらこれが出てきた話だ。正直国内さえ回れてないのに海外なんて行くものではないと思っているが、無事渡航できることを祈っている。

 

文庫 少年の日の思い出 (草思社文庫)

文庫 少年の日の思い出 (草思社文庫)