生々流転

日々の生活

2016-12-29から1日間の記事一覧

また、同じ夢を見ていた

住野よるさんの作品はこれを読むので初めてです。友人に勧められて読んでみました。帰省中に『それから』を読むのは少し重すぎると思ったので、前から気になっていた作家さんのを、と。 結果から言うと、もし他の作品も同じ文体、雰囲気で書かれていたら私に…

迷子-『三四郎』夏目漱石

3年ぶりくらいに『三四郎』を読み終えた。やはり高校より幾分か分かったことがあり、驚きや溜息は初回より少なくなったが新しく見つけたことは多い。 三四郎の恋を中心とする作品であるが彼の周りの人は皆個性があっていい、特に個人的には與次郎の廣田先生…