生々流転

少しだけお付き合いください

働くことについて

ショッピングモールで買い物してたら、いつの間にかサービスカウンターでポイントカードを作ることになった。

 

ポイントカードは概して嫌いだ。カード自体溜まりに溜まって置く場所にも困るのに、肝心のポイントは雀の涙だったりする。極力ポイントカードは作らないようにしているが、作ってしまったものは仕方がないのだ。

 

私は渡された紙に名前と偽の住所と偽の電話番号を書き込み、目の前のサービス係に渡した。50代くらいの女性で、顔には皺が目立ち始めている。化粧は薄いが口紅の発色はきちんとしており、グレーの制服、青いスカーフも含めて全体的に心地よい清潔感を感じられる。若くない分語り口は落ち着きがあって上品だった。彼女は丁寧に微笑んで私から紙を受け取った。一字一句を確認しながら、パソコンに打ち込む作業に取り掛かった。

 

私は彼女のあまり速くないタイピングを眺めながら、その人の家庭や子供、余暇や人間関係について想像した。子供はいるのかどうか分からないけど、いるとしたらきっと私と同い年くらいなのだろうな。夫はちゃらんぽらんでパチンコに入り浸り、女手一つで家庭を支えているのかもしれない。同僚は同じくらいの年の女性が多いが、皆必要以上に干渉せず距離を保った付き合いをしている。同僚達は20代の若手の女の子に厳しく、仕事のやりがいも薄いせいで若い女の子はどんどん辞めていく。正直自分もそれほど仕事が好きという訳でもないし、客対応とデータの打ち込み、無駄な朝礼と会議を続けている毎日だが、もう慣れてしまった節はある。疲れと裏腹な営業スマイルも板につき、ロボットのように決まった会話を繰り返す。

 

歯車となって退屈な仕事を無感情にこなすことに非常に抵抗を覚えていたが、何故かその日、私は彼女の言葉や微笑み、カタカタとキーボードを打ち込むのを目の当たりにして、とても言い知れぬ安心感のような感情が生まれた。安心感に加えて尊敬や、有難みとそれ以上の様々な感情が混ざり合い、上手く掴み取れないが非常に優しい気持ちになれたのだ。私は彼女を通して彼女の同僚を見、そして世の中の働く人を見た気がした。辛さや息苦しさ、不満を全て抱え込み、そしてそれらを笑顔や言葉で慎重に隠して自分を保っているのだ。社会という巨大な歯車を回すという要求の元、自分を含め誰かの幸せを守る目的の元、働いているのだろうか。それを想像すると、すごくほっとした気分になったのだ。全く自分の暮らしというのは、どれだけ多くの人に支えられているのだろうか。想像するのはとても疲れる、だけど想像しなくてはいけない。私はポイントカードをデザインする人間や材料を集める人間、それを工場で作る人間、トラックで運ぶ人間のことを考えた。彼らはどんな顔で仕事をしているのだろうか。どんな事を思いながら仕事しているのだろうか。どんな夢と現実を抱えながら仕事しているのだろうか。そして自分もいつか大人になり、その役目を全うことができるのだろうか。