生々流転

少しだけお付き合いください

創作

七つの子

「かーらーすー、なぜなくのー」と女の子は大きい声で歌っていた。彼女の隣には母親がいて、二人は公園の林道を歩いている。平日の公園はかなり空いていて、少女の歌声は木々の間で微かに木霊した。道の向かい側で通りかかる人は少なからず興味を持って、彼…